スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

ギルティクラウン 第1話 「発生:genesis」 感想

ギルティクラウン 第1話

ギルティクラウン 第1話 2

ギルティクラウン 第1話 3

ギルティクラウン 第1話 4

ギルティクラウン 第1話 5

ギルティクラウン 第1話 6

ギルティクラウン 第1話 7

ギルティクラウン 第1話の感想です

[あらすじ]
『アポカリプスウィルスの発生によって、GHQの統治下にある日本。 天王洲第一高校に通う桜満集(おうましゅう)は、ウェブで話題の歌姫、楪いのり(ゆずりはいのり)と出会う。 だが突然現れたGHQの軍隊が彼女を連れ去り、シュウは残されたシリンダーを手に、ロストクリスマスの惨劇で廃墟となった六本木フォートを目指した。 そしてレジスタンス「葬儀社」のリーダー・恙神涯(つつがみがい)と出会い、遺伝子兵器を巡る戦闘に巻き込まれる。 いのりを守るため、その身一つで人型遠隔兵器、エンドレイヴの前に飛び出したシュウ。――そのとき、彼は右手に、ある能力を得るのだった。』

うーん、原作やってないんでよくわかんないんですが・・・・・・

ダンタリアンの書架みたいなもんですかね?胸から武器とってたし・・・・・・

ま、バトル物になるのは間違いなしってことで、結構面白かったです

(手抜き記事すまそ)
スポンサーサイト
[ 2011/10/15 14:04 ] アニメ ギルティクラウン | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック:

この記事のトラックバック URL
http://ask0130.blog.fc2.com/tb.php/118-918d752b










上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。