スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

たまゆら 第2話 「やさしい香りに包まれた日、なので」 感想

たまゆら 第2話

たまゆら 第2話 2

たまゆら 第2話 3

たまゆら 第2話の感想です

[あらすじ]
『楓が竹原の町にやってきて1カ月が経ちました。幼なじみのかおる、新しく出来た友達の麻音とのりえと、一緒に朝日山に登ったりして、すっかり仲良くなった楓は今日もいつものようにみんなで通学をしています。そしてまもなく竹祭りを迎えるある日、いつものようにみんなでカフェたまゆらでお茶をしていました。そこで楓はかおるの家が、翌日は全員留守にしているためかおるが一人ぼっちであることを知ります。これを聞いた楓は思いきって、みんなとのお泊まり会を提案するのでした…。』

担任のギャグひでぇ・・・・・(゚Д゚)

言動からするに広島出身ってのが余計に辛い・・・・・・

なぜなら俺も広島住民だから~( ´Д`)=3 フゥ

てゆ~かこうた(?)って可愛いか?俺的にはそうでもないと思うんだが・・・・・・

け、けっしてひがみなんかじゃないんだからなっ!違うんだからなっ!!

↓怖いわこの人形ww

たまゆら 第2話 4

独創的過ぎてなんて言ったらいいかわからんゎww

しかもすげぇなこのお好み焼きww3枚重ねってヾ(゚Д゚ )ォィォィww

たまゆら 第2話 5

つヵ友人とお泊り会・・・・・・ある意味夢だゎ~(・´з`・)

俺ん家は泊まり許してくれないからなぁ~(ノД`)シクシク

ま、高校生になったら(なれたら)夜に抜け出していくけどなっ!!
スポンサーサイト
[ 2011/10/20 16:03 ] アニメ たまゆら | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック:

この記事のトラックバック URL
http://ask0130.blog.fc2.com/tb.php/124-fe1bffef










上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。