スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

Steins Gate 第20話 「怨嗟断絶のアポトーシス」 感想

Steins Gate 第20話 4

Steins Gate 第20話 5

Steins Gate 第20話 7

Steins Gate 第20話の感想です

[あらすじ]
『萌郁からIBN5100の隠し場所を聞き出した岡部。しかし、紅莉栖によると、岡部がこの世界線でIBN5100を手に入れることは不可能であり、まずはラウンダーの指揮官である「FB」なる人物に接触すべきだと言う。岡部はIBN5100が隠されたコインロッカーを見張り、そこに現れた萌郁とともに運び屋が持ち出したIBN5100の後を追った。そして、追跡の途中で岡部はよく知る人物の姿を目撃する。それは「Mr.ブラウン」こと天王寺裕吾であった。IBN5100が彼の自宅を経由してSERNのあるフランス行きの飛行機に積み込まれた事実を見届けた岡部は、真相を知るために天王寺の自宅を訪ねる。岡部たちに「FB」の正体を問いただされた天王寺はこう言った――「裏切ったようだな、M4」と。「M4」とは「FB」が萌郁につけたコードネームで、ふたりだけが知る呼び名である。萌郁に送られてきたメールの文面は女性の口調であったが、天王寺こそが「FB」だったのだ。岡部たちを連れて外へ移動した天王寺は、自らがラウンダーとして働くことになった経緯を語り、取り出した拳銃で萌郁を撃つ。そして、自らのこめかみに銃口を当て、引き金を引いた。岡部が天王寺の携帯電話からDメールを送ると、リーディング・シュタイナーが発動。ようやくラボにIBN5100が存在する世界線に移動することができた。これでSERNのデータベースに記録された最初のDメールを削除すれば、まゆりが死なず、ディストピアのない未来が待つβ世界線に戻れる。だが、そのとき岡部は最初に送ったDメールの内容を思い出した。1通目のDメール、それは岡部が紅莉栖の死体を目撃したことをダルに伝えるものだった。β世界線に戻れば、牧瀬紅莉栖が死ぬ』

今回神だったw

まさかMr.ブラウンがFBだったとゎ・・・

めっちゃいい顔で萌夏撃ったしwww

Steins Gate 第20話 1

そして自分もあっさり自殺ww

Steins Gate 第20話 3

萌夏のコード-ネームのM4って・・・もう少しましな名前にしろよ

コレ↓かと思っちゃったじゃないか(´・ω・`)

M4RAS2.jpg

で、IBN5100が戻ってきたわけだが

Dメールを全部取り消すと今度は紅莉栖が死ぬなんて・・・

結局誰か死ぬのか、キリないなこれ

紅莉栖だけは死なせないでくれぉ~(´Д`)

つヵヤバイいなコレ、原作買うしかないなコレ
スポンサーサイト
[ 2011/08/17 16:44 ] アニメ Steins Gate | TB(0) | CM(2)

ソフマップいったとき
シュタゲーかおうか迷ったけど
失われた未来かっちゃったんですよね;

機会があればやりたいですねー
シュタゲー
[ 2011/08/17 17:26 ] [ 編集 ]

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
[ 2011/08/17 17:26 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック:

この記事のトラックバック URL
http://ask0130.blog.fc2.com/tb.php/29-41029908










上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。